4時起き生活を3週間続けてみて見えてきた朝の時間を有効に使う為に重要な事


1404830_74923945

4時起き生活を初めて3週間が経ちました。

途中、風邪をひいてしまい何日か4時起きできなかった(その時は1日中寝てたので。。。)日もありますが、だいぶ習慣化されて来たように思います。

3週間も続けると、どのようにすれば朝の時間を有効に使えるかが、だいぶ見えてきました。


やっぱり朝の時間は仕事がはかどる

もう、これは間違いないですね。
朝起きて、家族が起きてくるまでの2時間、この時間が1日の中で一番仕事がはかどります!

理由は色々とありますが、

・時間が制限されている。(家族が起きてくるまでの2時間しかない)
・電話やメールで仕事の邪魔をされない。
・FB等のSNSが殆どUPされない。

朝早く起きるだけで、「集中できる環境が整っている」と言う事が大きいです。


起きてすぐやるタスクを決めておく

早起きを始めた当初、ちょっと困った事がありました。
それは、朝おきて、ちょっとのんびりしてしまう事。

まあ、眠いですからね。起きては見たもののなんとなくメールを見たり、ウェブを見たりで時間がすぎてしまってました。

これを解決する方法として、事前に朝やるタスクを決めておくのが良いと思います。

・まず顔を洗う
・ベランダで深呼吸する
・好きなコーヒーを入れる
・コーヒーを飲みながら10分だけメールとFBを見る (これはあえて入れてます。)
・前の日に決めておいた作業をする

こんな感じです。

朝おきて直ぐはやはり頭が活性化していませんので、まずちょっとのんびりとコーヒーを飲みながらメールやFBを見る時間を入れています。(但ししっかりと時間は守ります!)

そして、キーとなるのが「前の日に決めておいたタスク(作業)をする」と言う事。

前の日に、だいたい2時間で終わる、朝やる作業を決めておきます。
これをする事によって、だらだらもせず、しっかりと朝の時間を有効に使う事ができるようになりました。


4時起きはなにがあっても守る

やはり、早起きを続けるのに重要な事は「なにがあっても早起きする事」。
前の日が遅くなろうと、飲み会があろうとなにがなんでも4時に起きます。

前の日の事情で起きたり起きなかったりしてると、かえってリズムがくるって起きるのが難しくなってきます。なにがあっても「起きる」と決める事、これが続ける秘訣な気がします。

でもやはり飲み会等で寝る時間が遅い日が連続すると体はきつくなってきます。


眠い時は昼寝でリズムを作る

さすがに、寝不足が続くとパフォーマンスは落ちてきます。それでも4時起きを続けるには「昼寝」を効果的に使うと良いです。

15分~20分、昼飯の後に寝る。

昼寝の効果は色々な所で言われていますし、早起き派に必須のスキル(?笑)だと思います。

僕の愛用昼寝グッズ↓

昼寝枕 仕事中毒
昼寝枕 仕事中毒
posted with amazlet at 13.05.15
ヘルス&ビューティー (2008-11-28)
売り上げランキング: 30,238

まとめ

4時起きを3週間続けてみて、色々と大変な所もあったものの、かなりのメリットがありましたし、仕事の効率がかなり良くなりました。

世の社長様たちも早起きの方が多いと聞きますし、この習慣をもうしばらく続けてみようと思います。


関連記事