グーグルの検索アルゴリズムが変更。今後SEOはどうやっていけば良いの?


penguin_google

グーグルが検索アルゴリズムに変更をかけましたね。

私はSEO専門業者ではありませんが、クライアント様の売り上げに直結するSEOは常に気にかけてチェックしています。

ペンギン2.0と言うメジャーアップデートが使われると言われている、今回のアップデートの影響はどうだったのでしょう?

そして、今後どのようにSEO対策をしていけば良いのでしょう?ちょっとまとめてみました。

 

ペンギンアップデートって何?

2012年4月にグーグルの検索アルゴリズムが大きく変わりました。これをペンギンアップデートと呼び、全世界でウェブサイトの検索順位に大きな影響を及ぼしました。

このアップデートで影響を受けたウェブサイトは以下のようなサイトです。

・SEOの順位をテクニカルな技術を用いて過剰に上げようとしていたサイト
・他のサイトの情報を引っ張ってきているだけのサイト
・リンク集めの為だけに作られたサイト(そしてそのリンクを受けていたサイト)
・無意味なリンク集ページ

こんなページを駆逐する為にグーグルが検索エンジンのアルゴリズムを変更しました。
(これ以外にもパンダアップデートと呼ばれる有名なアップデートがあります。)

この時は多くのサイトがかなりの影響を受けました。
世界中が「がやがやがや」としてましたね。

ペンギン2.0

その後、何回かのマイナーアップデートを重ねていましたが、今回のアップデートはメジャーアップデートと呼ばれていました。

Web業界では結構「がやがや」していたのですが、ふたを開けてみたら「あれっ?」と言う感じでした。

あまり大きく変動があったようには見えないのですね。

もちろん大きく順位変動があったサイト(アダルト系)もあるのですが、多くのサイトではあまり影響を受けなかったように見えます。
(まぁ、逆に言うと、まだまだスパムサイトが上位に多くいると言う事でもありますが、、、)

今後のSEOはどうして行けばよいか?

やはりメインは内部SEOになってくるんだと思います。
しっかりとキーワードを定めて内部SEO対策を実施する。これはグーグルさんがしっかりとガイドラインを出してくれてますから、やはりそのガイドラインに沿ってやっていくのが良いと思います。

でもやっぱり、それだけではなかなか順位が上がらない。
なので、外部SEO対策も必要になってくるのは事実です。

外部SEO対策で重要なのは、いかに「ナチュラルリンク」を得るか?と言う事

ナチュラルリンクと言うのは、他のウェブサイトの管理人が「いいな」と思って貼ってくれるリンクですね。これを集めるのが最重要。

なので、やはりサイトの内容が最重要になってきます。

では、リンクを集める為の自作自演サイトは絶対ダメか?

と言うと、そんな事はありません。

リンクを集めるだけの、内容の薄いサイトを作っても意味はないですが、そのサイトをしっかりと充実させて、そこからリンクを貼るのは問題ないと思います。

(内容の薄いサイトを大量に作ってリンクを貼る行為は逆効果ですから絶対にやらないで下さいね!!)

まとめ

結局どうすれば良いの?の答えは、

結局は飛び道具を使わず「地道に」やっていく

と言う事になるのだと思います。

まずは自分のサイトを充実させて、多くの人に認知してもらう。
そして、「いいね!」と言ってもらう。(←リンクをもらうと言う意味です。)

これが大切ですね!


2013-05-29 | Posted in SEONo Comments » 

関連記事